下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

足の冷え取りに 膝から下の温冷交代浴

冬は寒さ、夏はエアコンと冷え性の方は一年中「足の冷え」が気になりますよね。

特に、眠る前の足の冷えは嫌なものです。

冷えは代謝を悪くし、「脚のむくみ」「セルライト」・「かかとのガサガサ」にいたるまで、脚の悩みのほとんどは冷えが関係しています。

そんな時、おすすめなのが膝から下の「温冷交代浴」

冷たい水と温かいお湯を交互に浴びて血流を良くする方法です。

お風呂に入った時のほんのひと手間で、足の冷えを簡単に取ることができるのでお手軽♪

血管の伸縮運動を利用した、血行促進作用は抜群です。

お風呂でできる、簡単な温冷交代浴の方法をご紹介。

 

体温調節機能を整える温冷交代浴

今は、空調設備がとても整っているので、体温の調節機能が鈍くなりがちです。

そうすると、体温調節をしてくれている自律神経の働きが低下。

女性ならではの「冷え性」「めまい」「疲れやすい」などの不調の原因になります。

温冷交代浴は、温かいお湯と冷たい水を交互に浴びるのを繰り返すだけですが、

その温度差による

毛細血管の伸縮運動を促す

自律神経を刺激する

といった作用で、鈍くなった体温調節機能を整えてくれます。

また、冷たい水で冷やすと毛細血管が収縮し、熱が奪われるのを防いでくれるので入浴後もポカポカ状態が続きます。

毛穴も引き締めてくれるので “美肌効果” も期待できますよ!

 

お風呂で簡単にできる足の温冷交代浴のやり方

capture-20141214-065930

温冷交代浴のやり方はとっても簡単。

① 湯船につかり、体を温め血管を拡張させる。(足を揉んだり足の指の運動をするとさらに効果的)

 湯船から出て、冷たい水のシャワーを足にかけ、血管を収縮させる。(20度ぐらいのシャワーで20秒~1分ほど)

 ①と②を、4~5回繰り返し、最後は水で終わる。(水で終わる事で、温かさを持続できます。) 交互に1分ぐらい行うのが理想ですが、冬場は水が冷たいので20秒ぐらいが良いでしょう。

 

温冷交代浴の効果

お湯と水を交互に浴びることで、「毛細血管の拡張」→「毛細血管の収縮」と、毛細血管に刺激が与えられます。

血管の伸縮運動が活発になれば、足の血流が良くなり冷えが改善されるのはもちろん、他にも様々な効果を得ることができます。

温冷交代浴の効果として、

icon-check-circle 冷えが改善されぐっすり眠れる

icon-check-circle 脚のむくみが改善

icon-check-circle 疲労回復効果

icon-check-circle 免疫力アップ

icon-check-circle 自律神経のバランスが整う

icon-check-circle 体温調整機能がアップ

など、健康にも良いことばかり。

足の冷えが気になったら、「温冷交代浴」試してみてはいかがですか。

注意 : 熱がある時、血圧の高い人、心臓に疾患のある人は、 温冷交代浴は体に負担になり危険なのでやめましょう。

 

冷えにおすすめ ショウガオールでポカポカスッキリ!おすすめ生姜サプリ記事はコチラ