下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

遺伝子検査で下半身ダイエットの功率アップ!

taijuu2

 

遺伝子検査で自分の体質を知るだけで、今まで苦労してきたダイエットが劇的に楽になる場合があります。

太り方にもタイプがあり、同じ生活をしていても、

下半身に脂肪付きやすく、太ももやお尻が大きくなる人

内臓脂肪が付きやすく、お腹が出てくる人

太らない人

と、いろいろですよね。

太り方にもタイプがあると考えると、ダイエットも自分のタイプに合わせるのが正解!

そうしないと、いつまでたっても痩せず、無駄な努力で終わってしまうことも・・・。

 

例えば、

筋肉量が少ない人が、筋肉の材料になるタンパク質をダイエットのために減らしてしまったら、ますます代謝が悪くなり痩せにくくなります。

また、脂質の代謝の悪さが下半身に脂肪を付きやすくしているのに、「揚げ物が好き」 という場合も、痩せたいのに痩せないパターンになります。

そう考えると、自分に合ったダイエット方法をしていない場合、いくらがんばっても痩せないか、よけいに痩せにくい体を作っている事になりますよね。

1kg前後の体重は、少し食べる量を減らすだけですぐに痩せます。

でも、問題はそこから先!

なかなか痩せないか、リバウンドに苦しむか・・・。

そんな時、

自分の体質に合った下半身ダイエット方法を知ることができれば、余計な苦労をしなくて済みます。

 

生活習慣と肥満遺伝子

太る原因は、

生活習慣が6割~7割

遺伝子要因が3割~4割

と言われています。

太る原因の大半が生活習慣になりますが、日頃の習慣は変える事ができますよね。

ですが、遺伝子は変えられません。

そこで、自分の持っている肥満遺伝子の種類を調べ体質が分かれば、食べ物や生活習慣をどう変えていけばダイエットに一番効果的なのかを知ることができます。

下半身が太いのも、親と同じだからしょうがないと思っていませんか?

遺伝子要因もありますが、生活パターンや食べ物のの好みが似ているのも大きな原因かもしれませんよ。

 

遺伝子検査の種類

クリニックでも肥満遺伝子検査はできますが、値段は何万円もして高額です。

「もっと手軽に知りたいの」という方には、肥満遺伝子の検査キットがおすすめです。

なかでも、人気なのが検査方法が選べる ハーセリーズ の「DNA SLIMダイエット遺伝子キット」

「口腔粘膜」「爪」のどちらかが選べ、リンゴ型や洋ナシ型・バナナ型などに簡単に分けるだけの検査方法ではなく、最先端のFTO遺伝子を加えた5種類の遺伝子検査ができます。

そして、遺伝子を調べることで、“243パターンのダイエットプラン” の中からあなたに合ったダイエットプランを提案してくれます。

DNA

 

ダイエット方法を、自分の持つ肥満遺伝子に合わせたものにするだけで、「太ってしまうストレス」と「ダイエットの苦労」から解放されます。

流行りのダイエット方法に振り回されなくなるのもメリットが高いです。お金と時間のムダ使いをしなくてすみますからね。

試してみる価値ありですよ!