下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

脚の掻き跡を消したい人のケア方法

痒くてボリボリ掻きむしった後に残る掻き傷。

傷は治っても、掻いた跡が茶色く残り消えない・・・。

色素沈着だらけの、まだらな脚になっていませんか?

ここでは、

脚の掻き跡を消したい人のケア方法についてご紹介!

 

1.搔けば掻くほど痒くなる悪循環を防ぐ

「掻き始めると止まらない・・・」

掻いている時って、すごく気持ちよく感じますよね。

痒みが我慢できない理由はここにあります。

そして、

搔けば掻くほど痒くなる。

痒みの原因になるは「ヒスタミン」という物質は、刺激を与えるほど分泌されると言われています。

痒み掻き壊す痒み

この魔のスパイラルにはまってしまうと、掻き傷の跡だらけに。

まずは、

肌のバリア機能を整え、痒みの連鎖を断ち切ることが大切です。

 

2.バリア機能を整えるには

kakiato4

カサカサで粉を吹いた脚。

これって、

乾燥で角質がめくり上がり、バリア機能が弱っている状態。

そこへ爪を立ててボリボリ掻けば、さらに破壊されることに・・・

刺激や細菌の影響を受けやすくなっているのが想像できますよね。

乾燥には「保湿」

ですが、バリア機能を修復するにはポイントがあります。

それは、

角質層の潤いを守る力を付けること!

肌表面にある角質層が、外からの刺激や潤いが逃げるのを防いでくれています。

その中心となるのが「セラミド」

細胞の間で水分をつなぎ止めておく「細胞間脂質」の主な成分。

セラミドが働かなければ、気休めの保湿にしかなりません。

保湿をしても効果が出ないのは、

油膜を作るだけだった

保水力がなかった

こんな理由から。

バリア機能が失われ、敏感になった肌のケアに「セラミド」は外せない成分!

「バリア機能を整える」

という目的のためには、ケア製品に含まれる成分は重要です。

 

3.掻き跡の色素沈着にはメラニンケア

kakiato5

掻き跡が色素沈着するのは、ダメージから肌細胞を守るためにメラニンが過剰に分泌されたから。

さらにターンオーバーの乱れで、留まり残っている状態です。

もともとメラニン色素の少ない色白の人は刺激に敏感。

シミやそばかすが出来やすく、虫刺されの跡や傷跡も残りやすいのでは?

ここで役立つのが、メラニンの生成を抑える美白成分。

角質層に留まるメラニンが、垢となり排出されるのを助けてくれます。

メラニン色素は肌の奥深くに入りこむほど、消えにくくなります。

なので乾燥による痒みの悪化は大敵!

しっかり保湿をしてメラニンの排出を促すことが、跡を残さない鍵になります。

 

%e7%82%b9%e7%b7%9a650

yubi90

おしまいに。

脚がカサカサに乾燥するのは、季節のせいだけではありません。

利尿作用のあるお茶やコーヒーを水分補給代わりにして慢性的な水分不足になっていたり、ストレスやダイエット。

ちょっとした事の積み重ねが、肌を乾燥させ敏感にします。

そこで!

「掻き跡ケア」と「保湿」と「美肌」

全部一緒に出来たら理想ですよね。

実は、

それが出来てしまうクリームがあります。

「掻き傷の跡」+「ブツブツ毛穴」で自慢できるぐらい汚かった私の脚で実証済み!

ガサガサで、まだらだった脚がスベスベに♪

よかったらチェックしてみて!

【LusTer/ラスター】公式サイトはこちら▶