下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

もう繰り返さない!カミソリ負けを治す3つのポイント

kamisori-make

体を洗いながら、ついでにムダ毛処理。

「カミソリ負け」を繰り返し、肌がボロボロになっていませんか?

肌に悪いのは分かっていても、ついつい剃ってしまう・・・。

ここでは、そんなカミソリ負けを早く治し、防ぐ方法を3つご紹介!

「赤み」や「痒み」・「色素沈着」で、見せられなくなった脚。

今からでも遅くありません、

早目のケアでキレイな肌が取り戻せますよ!

 

ポイント1. 抗炎症・殺菌成分で薬用ケアをする

カミソリ負けのヒリヒリは、皮膚の表面に傷が付きそこから雑菌が侵入、炎症を起こしている状態です。

普通の保湿剤を塗っても治りません。

大切なのは、炎症を抑え雑菌の繁殖を防ぐこと。

早目のケアが、その後のブツブツや痒みも防ぎます。

医薬品で手っ取りばやいのが、どこの家でもありそうな「オロナイン」

塗っておけば間違い無いです。

ただし、使用期限はチェックして下さいね。

使って何年も放置してある場合が多いです。

 

ポイント2. 雑菌が入らないようにする

悪化を防ぎ早く治すには、さらなる雑菌の侵入を防ぐ必要があります。

海やプール・温泉など、雑菌がウヨウヨいる場所で皮膚を露出するのは、やめておいた方が無難です。

ニキビのようなブツブツが恐ろしいほど出来たり、化膿してしまうことも。

ひどくなるほど跡が残ります。

摩擦の少ないやわらかい素材の服を選んで、保護しましょう。

 

ポイント3. 肌を休める

カミソリ負けを早く治すには、肌を休ませるのが一番!

ヒリヒリや痒み・赤みが酷いなら、生えて来たチクチク毛は少し我慢です。

その間は、スキンケアに重点をおくのがおすすめ!

痛んだ肌が回復する前に、また剃ってしまうのが悪化の原因です。

バリア機能が削られどんどん敏感肌になっていくので、肌が落ち着くのを待ちましょう。

紫外線対策も忘れずに。

 

カミソリ負けを繰り返さないために出来ること

キレイになるために剃ったのに、逆の結果になるとガッカリしますよね。

ムダ毛はカミソリ負けなんておかまいなしに生えてくるし・・・。

でも、

カミソリで剃ったからと言って100%カミソリ負けになる訳ではありません。

やりがちな間違いは、

ボディーソープの泡で、何度も使った古いカミソリを使い、毛の流れと逆に剃る。

乾燥肌の人ならすぐ負けます。

そうならないためには、ちょっとした事に気を付けるだけ。

たとえば、

切れるカミソリを使う

まめに刃を交換する

毛の流れに沿って剃る

刃を肌に押しつけない

同じ場所を何度も剃らない

こんな感じ。

あと一つ大切なポイントが。

剃る時は専用のシェービング剤を使うのが一番ですが、ソープ派の人は脱脂力の強いボディソープは避けて!

ソープの泡で剃りたい人は、アレッポ石鹸の様なオイル成分がたっぷり含まれた手作り系の石鹸がおすすめ。

剃った後の潤いが違いますよ♪