下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

夏・秋のむくみと冬太りの密接な関係

 

夏のむくみを残したまま「食欲の秋」に突入していませんか?

そのまま過ごせば、冬に向けて脂肪をたっぷり蓄える事になります。

冬眠するわけじゃないので、余計な脂肪はいらないですよね。

ここでは、

「夏・秋のむくみ」と「冬太りの」関係についてご紹介!

まさに今、季節の変わり目!

太りやすい季節です。

冬太りを防ぐのは今からですよ!

 

夏~秋はむくみの季節

暑くてジメジメする夏は、むくみの原因が満載!

暑さによる体力消耗

クーラーによる冷え

冷たい物の飲みすぎ

などなど・・・

それにとどめを刺すのが、

「低気圧」

7月~10月は台風の発生が最も多い時期。

taihu-1

気圧の変化は体内の血流や水分代謝に影響を及ぼします。

そのため、

夏~秋は何をやってもむくみが取れにくい季節。

気候ばかりは自分でどうする事も出来ないですが・・・。

気を付けたいのが「冷え」

夏は冷たい物ばかり食べ、内臓が冷えがちです。

肝臓・腎臓・胃腸の働きが弱ると、ますます排出されにくい身体に!

「冷やさない生活」がスッキリのポイントになります。

 

代謝が悪いまま食欲の秋に走らない

夏の疲れとむくみを引きずったまま「食欲の秋モード」に入ると、排出されない水分や老廃物と一緒に脂肪まで溜め込むことに・・・。

食べる物にもよりますが、スイーツばかりに目を奪われるようなら要注意!

砂糖は体を冷やし水分を溜め込みます。

それに、

砂糖と脂って、皮下脂肪の原材料。

秋は根菜類やさんま・鮭など食べやすい魚が美味しい季節です。

果物も食べ過ぎなければ、ビタミン豊富な食材です。

akinomikaku

ビタミン・ミネラル・食物繊維・タンパク質

体力回復・代謝アップを狙った栄養重視で食べるのがおすすめ!

甘さに癒されながら、代謝を下げ脂肪を増やすのは避けましょう。

 

むくみ・冷え・食べ過ぎ 3拍子が揃う冬

gaisyoku

月日が経つのはあっという間。

冬が来ると「寒さによる冷え」がプラスされます。

冷えた脂肪はセルライトには簡単になれても、燃焼させるのは大変!

寒さで運動量も減りますよね。

年末年始、外食続きの予定があるなら「冬太り」は確実!

避けるには、代謝を上げ排出の良い体作りを心掛けて!

慢性的な便秘やむくみには要注意!

食べ過ぎて増えた体重も、代謝が良ければすぐに戻ります。

寒いとエネルギー消費が多くなるというメリットもありますので、太りやすい冬を上手に乗り切りましょう。

 

最後に、

太ったかどうかの基準は「体重」ですか?

無理なダイエットで筋肉を減らさないためにも、体重だけでなくウエストや太もも・ふくらはぎをメジャーで測るのもおすすめです。

meja

朝と夜のサイズが驚くほど違う時も。

「むくみ」が数字で見えます。

それに、

筋肉は脂肪より重いけど、体積が小さいですよね。

運動して筋肉が増えれば、体重は増えても引き締まります。

体重を計るだけだと、この事が実感できにくいです。

やっぱり体重より見た目。

メリハリをつくるには、重さよりサイズです。

ぜひ、自分のサイズをまめにチェックしてみて!

ストレッチやエクササイズのモチベーションアップになりますよ♪

osusume85

こちらの記事も合わせてどうぞ

理想の美脚を目指す!自分の脚はどれぐらいの太さ?▶

 

「むくみ脚」におすすめ!人気のスッキリサプリ3選▶