下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

代謝アップをサポートする食べ物で痩せ体質になる!

代謝2

代謝には「基礎代謝」・「活動代謝」・「新陳代謝」など色々ありますが、痩せ体質になるにはどれも必要な代謝です。

そして代謝をアップさせるには、運動も大切ですが食べ物はもっと大切!

自分が選んでいる食べ物が、脂肪になるか栄養になるか考えて食べていますか?

どうせ食べるなら代謝をアップさせる食べ物で太りにくい体を手に入れましょう。

 

脂肪分・糖分を減らして痩せ体質に

「食べると太る」と思い込んでいませんか?

太りたくないからと食事量を減らすと、エネルギー不足から代謝が悪くなり、痩せにくい体になります。

そして、

食欲に負け、食べてしまえば栄養を過剰に吸収して「太りやすくなる」という悪循環に・・・。

このパターンは、お腹・腰周りから下に脂肪が付く「下半身太り」になりやすく、

代謝が悪く脂肪を溜め込みやすい

甘いもの・脂肪分の多い食べ物が好き

という特徴も。

脂肪が付きやすい体質を改善するには、食べ物から変えて行くのがおすすめ!

食事を減らすのではなく

「脂肪分の多い食べ物を低脂肪のものに変える 」

「食事の時は野菜を先に食べる」

など、ちょっとした事で「摂取カロリー」と「吸収」を押さえるコツをつかむのが大切です。

そして、代謝を助ける食材を積極的に摂り、太りにくい体へと変えていきましょう。

 

代謝を良くする食べ物

 内臓代謝を良くする食べ物 

基礎代謝の大部分を締めるのが、肝臓をはじめとする内臓で消費される内臓代謝。

肝臓やにやさしい食事が内臓機能を活発にし代謝を高めます。

シジミ(解毒作用を助けるオルニチンの含有量がダントツ)

ごま(抗酸化作用の高いセサミンが肝機能を高めます)

大豆食品(良質なタンパク質でアミノ酸が豊富な大豆食品は肝臓の回復機能を助けます)

高脂肪の食事は肝臓に負担を与えるので控えましょう。

 

 体を温める食べ物 

体温が下がると基礎代謝が下がります。

体が冷えると内臓を守るために脂肪が付きやすくなるので、体を温める食材を積極的に摂りましょう。

唐辛子 生姜 にんにく ネギ

 

 ビタミンB群 

「糖質」・「脂質」・「タンパク質」の代謝をサポートします。

太りにくい体を作るのに重要なビタミンです。

豚肉 ウナギ 大豆食品 アーモンド

 

 必須ミネラル 

1日に必要な量が微量なミネラルも、代謝にかかわる重要な成分です。

ミネラル不足にならないようにしましょう。

海藻類 魚介類 乳製品 果物・野菜

 

 食物酵素 

食べたものを消化させ分解させる「消化酵素」

分解された栄養を細胞へと届ける「代謝酵素」

この働きを助けるのが食物酵素です。

酵素も代謝をサポートするには欠かせないものです。

生野菜 果物 発酵食品

 

痩せ体質になるための注意事項3つ

下記の3つに注意するだけでも「痩せ体質」に繋がります。

せっかくの努力が水の泡にならないように気を付けて!

1. 脂肪分の多いもの・糖分の多いものを摂りすぎない

2. 食べたり食べなかったり不規則な食生活をしない

3. 夜遅くカロリーの高いものを食べない

そしてさらに代謝をアップを狙うなら、体に負担を掛けずストレスにならない程度の運動を日課にしてみましょう♪

 

消費カロリー&代謝アップにおすすめ記事 つらくない筋トレ 家事をしながらの下半身エクササイズの記事はコチラ