下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

生姜でむくみをとる!効果UPのタイミングとは

身体を温め、むくみ解消に役立つ食材

「生姜」

せっかく摂るなら効果的に活用したいですよね。

ここでは、

生姜の代謝アップ効果で、余計な水分を排出できるタイミングを3つご紹介!

トイレに行く回数が少ない

汗をあまりかかない

この2つが揃うと、むくみでいつもパンパン状態。

溜め込んだままでは脚も細くならないし、体重も減りません。

出来そうなものからぜひお試しを♪

 

食事の時

syougamukumi1

ずーっと同じ姿勢でいると、お腹が張ってきませんか?

ガスで内臓が圧迫されるのもむくみの原因の一つです。

冷えで働きの悪くなった胃腸を温めるために、食事の時こそ生姜を活用するのがおすすめ!

生姜は、肉・魚・大豆食品などタンパク質と相性が良いので、レパートリーも広がります。

タンパク質と言えば、食事の時の「噛む・吸収・消化活動」で消費されるエネルギーがあるのをご存知でしょうか?

「食事誘発性熱産生」

と言われ、食事の後温かさを感じるのがそれ。

基礎代謝が低下していると、あまり感じられないのですが・・・。

普段の食事で、一番エネルギーを消費するのがタンパク質。

代謝アップの生姜とタンパク質の組み合わせは、更なる相乗効果を期待できそうです。

でも、

食べ過ぎはカロリーオーバーになるし、内臓に負担を掛けるので気を付けて!

溜め込まない排出の良い体質になるには、内臓の負担を軽くすることが大切。

栄養バランスも考え、急がず良く噛んで腹8分目がおすすめです。

 

運動前

syougamukumi2

運動前に生姜を摂ると、汗をたっぷりかけます。

代謝が良くなるので脂肪燃焼率もアップ!

運動しても痩せない人におすすめです。

運動不足にエアコン生活で汗をかかない生活をしていませんか?

気を付けたいのが

「低体温」

血流が悪くなり、冷え・むくみ体質になります。

何より違うのが、消費エネルギー!

体温が1℃違うだけで、消費エネルギーが10~15%も違うと言われています。

運動しても、痩せにくいわけです。

平熱が低いと感じたら「生姜+運動」で代謝アップを狙いましょう。

 

入浴前

syougamukumi4

お風呂に入る少し前の、生姜湯や生姜紅茶(砂糖は控えめに)

これは、冷え性の人におすすめ!

生姜のポカポカ効果で、血流・リンパの流れがアップ、気持ち良く汗をかけます。

体を動かさないと、1日のうちで汗をじっくりかける時間はお風呂ぐらいですよね。

水分を溜め込みやすい人には大切な時間です。

半身浴でじっくり汗をかくのも良いですが、冬は室温が保たれていないと寒いのがネック。

そんな時は、熱すぎない温度での全身浴がおすすめです。

半身浴は時間を掛けて汗をたくさんかけますが、全身浴は利尿作用を促すホルモンがアップするそう。

それに生姜をプラスするれば、さらに効果アップ!

生姜の温熱効果は3時間ほどなので、水分補給をして冷める前に寝る準備を。

ポカポカのままぐっすり眠れます。

 

生姜摂取で注意すること

むくみ解消に役立つ生姜ですが、極端な大量摂取はダメ!

胃腸に負担を掛けるし、効果を実感するまえに飽きてしまいます。

自分に合った量とタイミングを見つけるのがおすすめです。

あと気を付けたいのが、汗をかいた後の水分補給。

冷たい水をごくごく飲んで胃をタポタポにしてしまうと、冷えで排出機能が弱まります。

むくみやすい人ほど、内臓にやさしい生活を!

常温の水をゆっくり少しづつ飲む方が排出力アップに効果的です。

 

最後に、

むくみや冷えに効果を発揮するのは、生姜を80℃~100℃加熱すると増える成分

「ショウガオール」

TVで話題になった、蒸し生姜・乾燥生姜に多く含まれる成分です。

musisyouga

手作りでも出来ますし、手軽に使える粉末・サプリ・シロップなど色々な生姜アイテムがあります。

この秋冬はショウガオールパワーで、溜まっていた余計なものを排出してみては?

とくに生姜と紅茶の組み合わせは、利尿効果が抜群です。

スッキリと燃焼

一石二鳥のダイエットになりますよ♪

 

%e7%82%b9%e7%b7%9a650

osusume85

なんにでもサッと使える「生姜粉末」

ひとつあると、お手軽に生姜が活用出来ます。

みらいのしょうが 九州産 黄金&熟成黒しょうが粉末(生姜粉末)ブランド黄金生姜使用 国産生姜粉末

こちらは、

人気のタマチャンショップの「みらいのしょうが」

生姜パワーが凝縮されています。