下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

可愛い脚から綺麗な脚へ 内股を改善する方法

5

可愛い脚といえば、内股の女の子 ペンギンさんのように可愛らしく歩いていますよね。

でも、それは下半身が歪んでいる証拠とも言えます。

ヒップの形が崩れ、脚が太くなる典型的な下半身太りのパターンです。

そして、可愛くは見えるかもしれないけれどキレイには見えません。

やはり女性らしさを感じさせる脚は、

「足首」・「ふくらはぎ」・「太もも」

にメリハリがある、スラっとして真っ直ぐな脚では無いでしょうか。

 

O脚・X脚・XO脚は内股になる

「O脚」・「X脚」・「OX脚」は、膝が内側を向いているという共通点があります。

膝の向きが内側になっていれば、自然と内股になりますよね。

内股で歩くと脚の筋肉の外側が使われるので、太ももの外側が太くなり足首のくびれもぼやけたラインに・・・。

一見、「女の子らしくてカワイイ」なんて思ってしまいがちな内股ですが骨盤や関節を歪ませ脚が太くなるだけでなく、健康面でも不調が出やすくなります。

例えば、

「生理痛」

「便秘」

「むくみ」

「肌のくすみ」

そして、代謝も悪くなるので、年齢を重ねるにつれメリハリの無いオバチャン体型にまっしぐら。

健康面、美容面で何もメリット無い内股は、早いうちに改善しておいたほうが良さそうです。

 

内股を改善するには

両脚を揃えて立った時、意識すれば脚が真っ直ぐの状態になりますか?

常にその状態を意識することが大切です。

長年の生活習慣を変えるのは大変ですが、脚に染み着いてしまった

「内股のくせを直す」

という気持ちを忘れずに持ちつづけましょう。

 

022v180

立っている時、歩いている時、座っている時、内股にならない様に意識する

内股だと足の小指側に体重がかかりますので、それを親指側になるよう意識します。

 

脚の内側の筋肉を鍛える

内股は脚の外側の筋肉が使われます。内側の筋力を付けバランスを良くします。

脚の内側の筋肉を鍛えるのには、太ももの間にペットボトルや本を挟む方法が簡単でおすすめです。

重くなるほどきつくなるので軽いものから始めましょう

 

矯正インソールを使う

靴の中に敷くだけなのでお手軽、歩く事が多い方におすすめです。

 

自分では治せない内股の場合も

自分で矯正可能な内股でしたら、上記の様な方法で改善可能ですが、O脚・X脚・OX脚がひどくなり関節が変形してしまっている場合、自己流は危険です。

年齢が高くなれば、変形性関節症という病気に進行して行く場合が多いようなので、知識の確かな整体医院や痛みがあるようでしたら病院に受診をおすすめします。