下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

脚のゆがみは普段の何気ない立ち姿勢から

tatikata5

待ち合わせの時

順番待ちの列

立ち話をしている時

交差点や駅のホーム

自分がどんな立ち方をしているか意識していますか?

何気なくやっている「楽な姿勢」

体重が偏った場所にかかっていますよね。

それこそが脚のゆがみの原因です。

ここでは、

脚をゆがませる立ち姿勢を3つあげてみました。

思い当たる事がないか、ぜひチェックしてみて下さい。

 

無意識にやっているかも?脚のゆがみを作る3つの姿勢

tatikata

1.内股で足の側面に体重をかけて立つ

2.片足に体重をかける休めのポーズ

3.脚を交差させるクロス立ち

足の外側に重心が逃げる立ち方です。

それと同時に、骨盤の傾きやねじれも起きています。

ヒールを履いていれば靴底と地面の接地面が狭くなり、体重がピンポイントで乗っかります。

 

外側重心になるとO脚が悪化する

sukima1

脚の外側に体重を掛けたくなるのはどうしてか?

それは、真っ直ぐ立っているのがすごく疲れるから。

とくにO脚の場合は、外側に脚が湾曲しているので内側の筋肉がおとろえがち。

知らず知らずのうちに外側に重心を逃がしてしまい、隙間が広がりやすくなります。

でも、

内股は可愛く見えるし、クロス立ちは脚が長くキレイに見えるメリットもありますよね。

それは写真を撮る時だけにするべき!

長時間同じ体勢が続けば歪みをますます酷くするだけでなく、筋肉にも負担がかかります。

 

お尻の形が崩れかかともガサガサに

立ち姿勢の悪さは、O脚が悪化するだけでは済まされません。

骨盤が歪めばお尻が垂れます。

体重が偏ってかかる足の裏は、圧迫されガサガサに。

こういうのって長い月日を掛け、じわじわ来ます。

目立った時にはもう遅い・・・。

だからといって、

ずーっとキツイ姿勢をとっている必要はありません。

「あっ、いけない!」

と気付けて、姿勢を意識することが大切です。

 

%e7%82%b9%e7%b7%9a650

yubi90

おしまいに。

自分ではなかなか気が付けない姿勢の癖。

他の人の立ち方を意識して見た時がありますか?

街にいる女性を見てみると、きちんと立っている人のほうが少ないかも?

でもそこで、

「みんな同じじゃん」

なんて思ってはダメ!

ついついやってしまう姿勢だからこそ、

「人の振り見て我が振り直せ」が改善の良い参考になります。

美意識もモチベーションも上がりますよ♪