下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

「脚の形が悪い」まっすぐな脚になる3つのポイント

asinokatati

スラっと真っ直ぐな脚になりたいのに、脚の形が悪くて・・・。

ここでは、

真っ直ぐになれない原因の一つ

「O脚」と「膝下の横の出っ張り」

この2つを解消するポイントを3つご紹介!

歪みは長い時間を掛けて作られたもの。

簡単に治るものではありませんが、毎日のクセ付けが大切

脚の形は骨と筋肉で決まります。

ご参考にしてみて下さい。

 

1.膝にねじれが出ると影響を受けやすい 腓骨(ヒコツ)

ケイコツ

ひざ下にはスネの大きい骨「頚骨」の脇に「腓骨」という細い骨があります。

膝が内側を向くO脚は、ふくらはぎが外側に張り出します。

それと同時に、影響を受けるのがこの「腓骨」

脚の外側に重心が掛かるほど、腓骨に負担がかかり張り出す形にゆがみます。

さらに、骨の上には筋肉がありますよね。

負担の掛かる場所の筋肉は発達し、張り出しが強調されます。

 

2.ふくらはぎの筋肉をほぐす

むくみや老廃物が溜まりやすいふくらはぎ。

そこに歪みのせいで付いた筋肉は、硬くなりがちです。

筋肉が硬いと、その奥にある骨もゆがんだまま固定され、柔軟性が失われることに・・・。

腓骨は本来、体重を支えるためではなく衝撃を抑えるクッションの役割。

筋肉をほぐし、血流やリンパの流れが改善されると腓骨への負担も軽くなります。

筋肉を伸ばし柔軟性を高めるストレッチ

血流を良くし、筋肉をゆるめるマッサージ

この2つが効果的です。

 

3.姿勢・歩き方を見直す

長時間しゃがむ

脚を組む

休めの姿勢

この3つは腓骨に負担をかける姿勢。

無意識にやっていないか常に姿勢を意識することが大切です。

立っている時も歩いている時も、足裏の中心と脛骨を意識して重心は真ん中。

足の外側に体重が掛かり、靴底の外側ばかり減っていないか?

立った時、足の指が浮いていないか?

チェックしてみて下さい。

 

osusume80

脚には「足首」「膝」「股関節」と大きな関節が3つもあります。

いろんな動きが出来るからこそ、きちんと使わないとゆがみが出ることに。

さらにその影響は1ヶ所ではなく、脚全体に及び筋肉の付き方まで変わります。

ふくらはぎや太ももの外側が張り出した脚と、バランスよく筋肉が付いた脚。

見た目が全然違いますよね。

ただ痩せただけでは、きれいな脚になれない秘密がそこにあります。

毎日の習慣はあなどれません。

悪い癖は早めに改善するのがおすすめです。