下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

脂肪を増やさない!痩せる食べ方のコツ

syokujinuki

食事を減らせば痩せられた20代。

同じ食生活をしているのに、いつの間にかそれが通用しない身体になっていませんか?

「老化」・「筋肉量の減少」・「ホルモンバランスの乱れ」

痩せない原因を作ったのは、間違った食べ方を続けて来たせいかも?

代謝の悪さは、下半身に出ます。

このままお腹が出て、お尻が大きくなり下半身のメリハリがなくなってしまう事を考えると、改善すべきは「食生活!」

ここでは、「痩せる食べ方のコツ」を3つご紹介!

痩せる食材ではなく、食べ方です。

長年の習慣はなかなか変えられないけど、痩せなくなった時点で見直すべき。

40代・50代になっても脚を出せるスタイルでいるために、ぜひご参考にしてみて下さい。

 

1.歯ごたえのある食べ物を良く噛んでゆっくり食べる

taberu1

ふわふわのパン

ツルツルと喉ごしの良い麺

口の中でとろけるチョコやアイス

サクサク軽い食感のスナック菓子

美味しいけど痩せられない食べ物です。

あまり噛まなくても食べれるし、糖質の高いものが多いですよね。

噛まない事は、血糖値の急激な上昇と食べ過ぎの原因になります。

脂肪を減らすには、「よく噛む」・「ゆっくり食べる」が基本!

どんなメリットがあるかと言うと、

よく噛む事で、食事誘発性熱生産(食後の消費エネルギー)が多くなる

少ない量で血糖値を上げられ満腹感を得られる

唾液に含まれる消化酵素の働きで消化しやすくなる

無理なく自然に「痩せ体質」になれるポイントがしっかり押えられています。

そして、

せっかく噛むのだから、やわらかい物をたくさん噛むより、根菜類・乾物・ナッツ・肉・魚など噛み応えのあるものがおすすめ!

嗜好品も量より質!

多少値段が高くても、美味しい物を少しだけゆっくり味わうのがストレスを溜めないコツです。

食べ方が上品になるし、栄養バランスもアップ!

無駄に体脂肪が増えるのを防げます。

 

2.水分で流しこまない

otya2

食事の時、飲み物が無いとダメになっていませんか?

水分で流しこみながら食べると、一口の量が多くなり早食いにつながります。

その結果、

満腹中枢を刺激されるのが遅くなり食べ過ぎる

空気も一緒に飲み込む量が増えるのでお腹にガスが溜まる

食べるスピードが早くなり血糖値が急激に上がる

太るし、お腹は張るしでメリット無し!

飲み物がないと飲み込みづらい場合、一口を小さくして唾液がたっぷり出るまで噛む!

水分で流し込むより時間は掛かりますが、慣れると、

食べる量が減る

食材を一つ一つ味わえるので味覚が整う

満足感・満腹感が味わえる

と食事の質が変わります。

食事中に飲んで糖質の吸収を抑えるトクホのお茶もありますが、安心感からカロリーと量が増えればお金を無駄に使うだけ。

食事中の水分はスープや味噌汁だけにするのがおすすめです。

 

3.ながら食べをしない

nagara

パソコンに向かいながら

スマホをやりながら

本や雑誌を読みながら

食べている事に集中しないと、満足感得られません。

間食がしたくなる原因もここにあります。

水分で流しこみながらの「ながら食べ」が痩せない原因では?

噛むことに集中して、自分の身体の一部になる「食材の味」と「栄養素」を感じてみて下さい。

無駄なカロリー摂取を減らせますよ。

 

%e7%82%b9%e7%b7%9a650

 

「デブ菌」が増えていませんか?

腸内フローラを整える新しいダイエット!

プレミアムスリムビオ

食べても太らないあの子の秘密!!
今までの常識を変えるアプローチ
デブ菌を減らして痩せ菌を増やす
《プレミアムスリムビオ》