下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

簡単O脚チェックで真っ直ぐなモデル脚を目指す!

日本人の8割以上がO脚だと言われています。

でも、そのなかで自覚している人はほんのわずか・・・。

それに加え、O脚のせいで「お尻・バストの垂れ」「下腹ポッコリ」になる事を知らない人も多いです。

ここでは、簡単にできるO脚チェックの方法をご紹介!

普段の姿勢を変えるだけで、軽度のO脚ならすぐ改善されます。

立ち姿が整ってこそ手に入る

「真っ直ぐなモデル脚」

ぜひチェックしてみて下さい。

 

簡単にできるO脚チェック

narunika

壁があれば簡単にできます。

1. 壁に背中を付けて立つ

2. かかとを付けたまま、つま先を10cmほど開ける

この状態で、ひざの間に隙間ができるかをチェック!

隙間が大きいほど重度のO脚。

10cm以上開くなら完璧なO脚です。

 

治すのは普段の姿勢から

毎日何気なくやっている「姿勢の癖」がありませんか?

O脚の人に多い姿勢は下の3つ。

まずは意識することから始めてみて!

 

 骨盤の前傾 

ヒールをよく履く人がなりやすい、腰を後ろに反らせる姿勢(反り腰)。

立った時、骨盤が前に傾いた状態でお尻を付き出したようになる姿勢です。

前傾

 

 骨盤の後傾 

腹筋が弱くて、腰を前に出して上半身を支える姿勢。

酷く言えば、座っていたお婆さんが「よっこらしょ」と立った時の姿勢です。

 

 反張膝 

膝が反対側に沿って見える姿勢。

骨盤が前傾しているとなりやすいです。

膝に力が入るので膝が大きく見え、膝上にお肉が乗っかります。

反張膝

 

常に姿勢を意識するのが大切なのは分かっていても、忙しかったりするとツイツイ忘れがちに。

そんな時は、椅子に座る時だけでも背筋を伸ばし両膝を付ける癖を付けてみて!

座った時に、脚を閉じているのがツラいのは太ももの内側の筋肉が衰えているから。

O脚の改善には大事なポイントです。

膝の間に物を挟んで落ちないようにするなど、工夫するのもおすすめ!

骨盤が歪む、脚組みも防げます。

 

O脚を改善するにはイメージが大切

自分では正しい姿勢をしているつもりでも、長年積み重ねてきた歪みは簡単に直るものでもありません。

歩いたり、立ったりの動作は毎日のこと。

常に正しい姿勢でいるイメージが大切です。

マッスグ

昔から言われている事ですが、キレイに見える姿勢は、頭のてっぺんから糸で吊るされているイメージ。

そうすると、力を入れなくても背筋が伸びます。

腰も膝も反りませんよね。

重力には逆らえないけど、そんなイメージを心掛けるだけでも姿勢が改善されます。

もうひとつ。

体の横側の中心を意識してみて!

真ん中のラインにある耳・肩・くるぶしが一直線になるとキレイです。

O脚の改善は、両膝をギュッとくっつけるだけではダメ!

全体のバランスが大切。

体の中心がぶれないイメージを持って過ごしてみて下さい。

そうすると、驚くほど立ち姿がキレイになりますよ♪