下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

ダイエット中の外食に!吸収を抑える食前ゼリー

gaisyoku1

ダイエット中の外食の誘い

断る訳にもいかないし、太るのもイヤ!

でも結局、食欲に負けてしまう事が多いんですよね。

そこで、

これからイベントが多くなる季節。

ダイエット中でも食事を美味しく楽しむために、食前野菜効果を得られる

「ベジファス」をご紹介!

bejifasu

糖や脂肪の吸収を抑える「ベジファス」

なかった事にしてくれるサプリや、トクホ飲料ではダメだったという方におすすめです。

 

「ベジファス」で食前野菜効果をお手軽に

sarada

最初に野菜を食べると痩せる。

野菜に含まれる食物繊維が血糖値の上昇を緩やかにしてくれるというダイエット方法です。

効果的だけど、毎日野菜を食べるのが苦痛になってしまったり、野菜が高いなどの理由で続けるのは結構大変なもの。

このデメリットを解消したのが「ベジファス」です。

ベジファス

レタス2個分の食物繊維(難消化性デキストリン)が、スティック1本にギュッと凝縮!

さらに、80種類もの食物発酵エキスが腸の働きをサポート。

外食しても、くじけないダイエットが可能になります。

 

ベジファスで得られる5つのメリット

beji1

1.スティックタイプなので持ち歩きOK!外出中でもサッと食べられる

2.沖縄産シークワーサー&レモン酢の爽やか風味!デザート感覚で美味しく続けられる

3.特保のお茶や生野菜、食物発酵エキスのサプリをそれぞれ買うことを考えたら経済的

4.食物繊維で快腸になる

5.空腹感が軽減され間食が減る

 

1日1本 いちばんボリュームのある食事の前に食べる

ベジファスは1日1本目安。

たくさん食べれば効果が出るという訳でもありません。

なぜかと言うと、

難消化性デキストリンは食べ過ぎると、お腹が緩くなる場合があります。

外食の予定があるなら、その前に食べるのがベスト。

高カロリーな料理を後悔しながら食べるより、良く味わい良く噛んで、ありがたく食べる事もダイエットには大切です。

ベジファスがあれば、外食のせいでダイエットがダメになるといった気分的なストレスも軽減されます。

 

tatoeba

最後に、

「ベジファス」は食べ過ぎやお腹の詰まりやすい旅行中におすすめ!

外食続きになるし、そこでしか食べられない美味しい物も沢山ありますよね。

「食べておけば良かった・・・」

なんて心残りは無いようにしたいものです。

旅行太りの予防にもぜひどうぞ♪

ベジファス