下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

スクワットで脚痩せの「メリット」・「デメリット」

sukuwatto2

道具もいらず、場所もとらず、簡単でシンプルな運動の「スクワット」

脚の運動にもなるし「脚痩せに効果的?」と思う反面、「脚に筋肉が付いて太くなってしまうのでは?」という不安が頭をよぎりますよね。

スクワットは筋トレです。

脂肪燃焼に効果がある「有酸素運動」ではなく「無酸素運動」なので、脂肪燃焼を狙う運動とは違い、筋肉を付け引き締める運動です。

そう考えると筋肉太り人は筋肉が付きやすいので、やりすぎれば太ももが「ガッチリ」と太くなってしまう事もあるでしょう。

しかし、スクワットには脚痩せにとても効果的な面もあります。

そこで、スクワットで脚痩せする場合の「メリット」・「デメリット」をご紹介!

 

脚痩せへの「メリット」

meritto2

太もも・お腹が引き締まる

脂肪でプヨプヨしていた太もも・お腹に筋肉が付けば、引き締まって見えメリハリのあるボディラインになります。

何ヶ月もスクワットを頑張った後に手に入れられるものは、「しまった太もも」「ぺったんこのお腹」「キュッとしまったお尻」です。

 

脂肪燃焼効果は低いが筋肉量アップで代謝が良くなる

スクワットは太もも~お腹の筋肉を鍛える筋トレ(無酸素運動)なので、脂肪燃焼には向いていない運動です。

しかし、スクワットで使う筋肉は体の中で一番大きい太ももの筋肉。

筋肉量が増えれば代謝が上がり1日の消費カロリーも上がるので痩せ体質になることが出来ます。

 

いつでもできる・場所をとらない

立ったままで出来て場所をとらず短時間で終わるので、すごく簡単でお手軽な筋トレ方法です。

 

ウォーキングなどの有酸素運動の脂肪燃焼効果を高めてくれる

有酸素運動の脂肪燃焼効果を高めるには、その前に無酸素運動をやり代謝を高めるのが最も効果的と言われています。

さらにこの組み合わせは、脂肪を分解する働きのある成長ホルモンの分泌を高める効果もあります。

 

脚痩せへの「デメリット」

demerit

筋肉の付きやすい人がやると太くなる

もともとスポーツを定期的にやっていたり筋肉が付きやすい体質の人は、気合いを入れて頑張りすぎるとさらに筋肉が付いてしまいます。

 

正しいやり方をしないと腰や膝を痛める

スクワットはゆっくりと深くしゃがむほど負荷が高くなります。

正しいフォームでやらないと膝や腰を痛めます。

 

続けないと目に見えて効果が出ない

筋トレ全般に言える事ですが、やり始めて3ヶ月後ぐらいに体が変わってきたなと感じ始めます。

3日坊主では、スクワットは脚が太くなると心配する以前の問題です。

 

スクワットのメリットを生かした脚痩せ

suni-ka-

スクワットだけで脚痩せしようとすると筋肉量を増やす筋トレのみになってしまうので、頑張りすぎれば脚に筋肉が付きガッチリとしてくる事もあります。

しかし、スクワットのメリットを生かした運動をすれば、脚痩せにとても効果的な方法へと変わります。

その方法は、「無酸素運動」「有酸素運動」の組み合わせ。

無酸素運動がスクワットだとすると有酸素運動はウォーキングジョギングといった感じです。

この組み合わせは、脂肪燃焼効率をとても上げてくれます。

ウォーキングの前に、スクワットで筋肉を使えば代謝が高い状態で有酸素運動ができます。

これが脂肪燃焼効果を倍増してくれます。

片方だけ気合いを入れて頑張るより、脚痩せ効果は断然高いと言えるでしょう。

この方法は、代謝が悪く冷えやむくみがあり、筋肉量が少ない人にはピッタリの方法です。

ぜひ、脚痩せに活用してみて下さい。

 

スポーツをしているガッチリした筋肉太りの人の脚痩せに、スクワットは不向きです。

筋肉太りの方は、筋肉をしなやかにするストレッチや硬くなった筋肉をほぐすマッサージがおすすめです。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

脚痩せの参考に 理想の体脂肪率と脚痩せはコチラ