下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

めざせ毛穴レス!脚の美肌に効果的な最強成分3選

乾燥・摩擦・脱毛・冷えと過酷な環境に置かれるている脚。

カサカサの肌に目立つ毛穴。

どうにかしたいと、あれこれ頑張っても治らない人に、知っておいて損は無い有効成分とケア方法についてご紹介!

効果の出ないケアをいくらやっても時間のムダ!

肌は日々少しずつ生まれ変わっています。

良い再生を促して、毛穴レスのスベスベ美脚を手に入れましょう。

 

1.ガサガサの地割れ肌には「セラミド」

肌の潤いを守るのに欠かせないのが「セラミド」

セラミドが減ってしまった肌には、いくら保湿しても潤いは保持出来ません。

肌本来の潤いを取り戻すには「セラミド」をしっかり働かせなくてはダメ!

人が持つセラミドの量って20代から急降下。

年齢とともにどんどん減っていきます。

なのに若いうちからガサガサ。

数年後を想像するのが怖くなりますよね。

いつまでもスカートを履ける脚でいるには、セラミドをたっぷり補うのがコツ!

これは脚だけに限らず、全身に言える事!

角質層にあるセラミドは、繰り返される脱毛やゴシゴシ洗いでだんだんに削られていきます。

冷えによる生産量の減少。

それプラス加齢。

もう外から補うしかありません。

セラミドは油性なので、ローションより油性のもので補うのが効果的と言われています。

 

2.どうにかしたい無数の毛穴には「ビタミンC誘導体」

痛んだ毛穴。

毛穴ケアで大切なのが、毛穴の中をどうにかしようとする考えは捨てること!

大切なのは、毛穴まわりの皮膚。

脱毛後に赤くなる部分です。

毛穴まわりの肌は痛めるのは簡単だけど、治すのには根気がいります。

そこで役立つ成分が「ビタミンC誘導体」

コラーゲンの生成の鍵になる存在です。

肌にビタミンCが良いのは誰でも知っている事ですが、ケア製品に配合されているのは「ビタミンC誘導体」

その訳は、ビタミンCは不安定で壊れやすい成分だから。

しかも、油性で浸透しにくい性質を持っています。

そこで開発されたのがビタミンC誘導体。

種類も様々あるので自分に合ったものがベストですが、

リン酸アスルコビルと表記のあるもの

浸透性があるローションタイプ

がおすすめです

 

3.黒ずみがいっぱいで汚くなった脚には「美白成分」

角質層が乾燥でめくれ上がり、ブツブツになった毛穴の最終形状は黒ずみ肌。

長引く炎症や痒みによる色素沈着と茶色くなったメラニン毛穴。

それを解消するのが「美白成分」です。

炎症性の黒ずみには美白成分が有効。

医薬部外品のものがおすすめです。

だけど、

美白成分は、今ある黒ずみを消しゴムのように消してはくれません。

ハイドロキノンみたいな黒ずみを消す成分もありますが、最近では発がん性なども言われています。

安全性を優先するならメラニンを抑えながらターンオーバーで今ある黒ずみを排出するのがおすすめです!

 

ポツポツ赤くなりやすい人には、炎症を抑える「グリチルリチン酸2K」

最後に、毛穴が目立つ最大の原因って「脱毛」ですよね。

脱毛後に出来る赤いポツポツは炎症です。

それを速やかに鎮める事が毛穴レスになる秘訣。

抜いたり剃ったりの肌ダメージは相当なものです。

炎症は皮膚細胞を守るため、メラニンの生成を増やします。

炎症を起こさない、抑える事が重要です。

「グリチルリチン酸2K」は、医薬部外品の薬用タイプのケア製品によく配合されている成分です。

 

osusume80

ケア製品には、それぞれ目的がありいろいろな有効成分が組み合わされ配合されています。

自分に合ったものを、見極めてみて下さい。

足のお悩みにピッタリ合ったケア製品をご紹介!

足の肌荒れケアおすすめ保湿ベスト3!