下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

美脚になるハイヒールの履き方

脚を長く綺麗に見せてくれるハイヒール。

おしゃれに欠かせないアイテムの一つですが、毎日履いたり長時間履くことが脚に負担になるのも事実です。

ヒールの高い靴を履いた姿勢は、かかとを上げた状態で固定されているようなもの。

脚の冷え、むくみから「太もも」や「ふくらはぎ」が太くなりやすい環境に・・・。

でも、

「ハイヒールを履きたい!」

というあなたに、脚に負担をかけず美脚になるハイヒールの履き方をご紹介。

 

脚に負担を掛けないハイヒールの履き方

ヒールでかかとが上がった状態は、バランスを取ろうと前かがみの姿勢になりがちです。

せっかくの脚長効果も、背中が丸まっていては綺麗に見えません。

背筋を伸ばし、真っ直ぐな姿勢を心掛けましょう。

 

ハイヒールを履いて、モデルのようにさっそうと街中を歩けたらカッコイイですよね。

綺麗に歩くコツは、重心を真ん中に置く事!

土踏まずのアーチ付近に体重が掛かるよう意識してみて!

O脚の人にありがちな外側重心は、脚の外側を発達させます。

また、

かかとが細いハイヒールは、ピンポイントで体重がかかるので足裏にタコが出来たりかかとがガサガサになったりと、肌にも負担が出ます。

立つ時も歩く時も、足裏を意識しながら真ん中重心を心掛けましょう。

あともうひとつ。

ハイヒールでのつま先立ちの状態は、膝が曲がるか反るかのどちらかになりやすいです。

高いヒールを履き膝を曲げてぎこちなく歩く人。

膝が反りお尻が突き出たような姿勢の人。

どちらも決してヒールが似合う歩き方ではないし、太ももを鍛えてしまう原因です。

力を入れ過ぎないよう「自然に」がポイントです。

 

ハイヒールを快適にしてくれるインソール

ヒールが高くなるほど、つま先に体重が掛かり「前スベリ状態」になります。

歩いていて「足の指」や「つま先の裏」が痛くなったことがありませんか?

その、前すべりを軽減してくれるのが 「インソール」

前すべりを防げば足の位置が安定するので、痛みを我慢することなくハイヒールを履くことができます。

よほど自分の足にピッタリ合ったハイヒールでない限り、履いているうちにつま先部分が痛くなったり、かかとの緩みが気になるのでは無いでしょうか。

痛みを我慢しながらハイヒールを履くのはつらいし、歩き方もぎこちなくなってしまいます。

インソールは、足に安定感を与えてくれます。

歩き方も姿勢も変わり、ハイヒールの美脚効果もアップしますよ♪

 

美脚になるハイヒールの履き方のポイント3つ

1.つま先がきつ過ぎず、かかとに緩みが無いサイズの合ったハイヒールを選ぶこと

2.重心は体の真ん中を意識して、背筋と膝を自然に伸ばした姿勢を心掛ける

3.足の痛み、前すべりを防ぐインソールを敷く

この3つを実践するだけで、脚の「疲れ」や「痛み」・「むくみ」の予防になります。

筋肉の使い方が変われば脚のラインも変わります。

ぜひお試しを♪

 

osusumekiji1-200

こちらの記事も合わせてどうぞ

▶足が短い・太いをカバー脚長効果の女子ファッション