下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

脱・洋梨体型!下半身痩せにおすすめのツボ「丹田」

体重を減らしただけでは解消されない

下腹ポッコリ

大きいお尻

横に張り出した太もも

パンパンのふくらはぎ

頑張っているのに、いちばん痩せたい下半身に成果が出ないと不安になりますよね。

ここでは、

代謝の悪い「洋ナシ体型」のダイエットにおすすめのツボ「丹田」についてご紹介!

 

bousensei

「丹田」の場所は、おへその下5cmほどにあります。

身体の表面ではなく、お腹の中心。

丹田1

東洋医学でいう、気の中心になる部分です。

人によって多少位置が違うので、一番意識が集中出来る場所を探ってみて下さい。

丸い気のボールが下腹にあるイメージをすると分かりやすいです。

 

丹田を意識して姿勢と骨盤の位置を整える

「丹田」のある場所って下腹です。

下半身太りの人が、一番弱っている場所!

脂肪はもちろんの事、むくみやらガスやら便秘でパンパンになっていませんか?

運動や食事制限をする前に、姿勢と骨盤の位置の悪さを直すべき。

 仕事中、前のめり姿勢でキーボードを打ち、顔だけは画面を見ている(猫背)

 椅子の背もたれにだらりと背中を預け、下腹の筋肉を全然使っていない(腹筋の衰えと骨盤の後傾)

 脚を閉じて座るなら組んでしまった方が楽(太ももの筋力低下と骨盤の歪み)

姿勢と骨盤の位置が悪く、筋肉を使っていない悪い癖を3つあげてみました。

あてはまるものがあれば要注意!

「丹田」は下腹を締め姿勢を整えてくれるツボです。

下腹に意識を集中するだけで、背筋を伸ばしたくなりませんか?

ついでに骨盤も、前や後ろに傾かないよう真っ直ぐにしてみましょう。

座り方も歩き方も違ってきますよ。

 

下半身痩せは体重を減らすだけではダメ!

taijuu-kei-1

脂肪を部分的に落とすのは不可能な事だと分かっていても、思わずやってしまう食事制限。

カロリーを減らしフラフラになりながら痩せても、リバウンド後のめぐりの悪くなった下半身には「セルライト」の影がしのびよります。

筋肉量が少なく代謝が悪い人ほど出来やすく、太ももやお尻から目立ち始めます。

セルライトは、冷え固まった脂肪。

簡単には落ちません。

運動で筋肉を付け代謝をアップも効果的ですが、やり方によっては望んでいない場所に筋肉が付く場合も。

それなら丹田を意識しながら、姿勢を整える方が断然効果的!

運動した分食べてしまうという人にもおすすめです。

丹田を使った丹田呼吸法は、お腹の引き締めでも知られていますよね。

運動する時間より、仕事や家事の時間のほうが圧倒的に長いです。

忙しい人ほど、ながらで出来るダイエットが役立ちます。

 

丹田を意識することで、下半身ダイエットへの効果は?

長い年月をかけ太くなった下半身。

細くするには長い目で見るのがおすすめです。

時間は掛かるけど、地道に丹田を育てていけば下半身のラインは変わっていきます。

 背筋が伸び猫背解消 呼吸が深くなる 血流アップ

 骨盤の位置が矯正される 下半身のめぐりが良くなる

そうすると、むくみと冷えが解消され、ポッコリお腹や大きいお尻が引き締まります。

歩き方も良くなり、余計な所に筋肉が付かなくなる

と、たくさんのメリットが得られます。

丹田は、古来より身体の気が集中する場所として、武道やヨガにおいて最も重視される場所です。

武道では体幹と集中力

ヨガでは丹田を意識した腹式呼吸による精神統一

身体だけでなく心のブレまで矯正してくれる最強のツボです。

食欲のブレもなくなりますよ。

 

花

最後に、

下半身太りだけでなく、バストの垂れ・O脚・生理痛・生理不順・イライラ・自律神経の乱れも、姿勢と骨盤の位置が関係します。

姿勢が変わるだけで、スタイルも体調も変わります。

毎日の積み重ねは、良い方に作用させたほうが絶対お得!

ぜひ、今から丹田を意識した生活を始めてみてはいかがですか♪