下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

脚が太くなる原因 (脚太りの種類と特徴)

どうして脚が太くなるのか?

脚は体の下側にあり心臓からも離れているため、どうしても血流が悪くなりやすい部分です。

それに追い打ちをかけるのが「運動不足」

筋肉不足・筋力の低下による「冷え」と「むくみ」

これだけで太くなる要素は十分なのに、さらに骨のゆがみが加わります。

もともと女性は、下半身に脂肪が付きやすい構造。

これらの原因のうち、どれが一番脚に出るかで3つのタイプに分けられます。

1.脂肪の付き過ぎによる「脂肪太り」

2.余計な水分と老廃物がたまった「水太り」

3.脚の筋肉が目立つ「筋肉太り」

ここでは、

それぞれの脚太りの原因と特徴をご紹介!

理由が分かれば、後は頑張るだけ!

脚太り解消のご参考にぜひどうぞ。

 

下半身のめぐりの悪さが「脂肪太り」「水太り」をつくる

kahannsin150

 

デスクワークや運動不足でふくらはぎのポンプ機能が働かないと、血液を上半身に戻すパワーが足りなくなります。

その結果、むくみや冷えに。

張りの無いブヨブヨ感と、足首やふくらはぎにメリハリが無いずん胴脚になっていませんか?

血液は酸素や栄養を体のすみずみまで運ぶ働きをしています。

脂肪もそのひとつ。

脂肪の付きやすい食生活をしていれば、めぐりの悪い所に脂肪が付きやすくなります。

そして、

脂肪が冷え固まればボコボコした「セルライト」へと・・・。

このタイプは、筋肉量が少なく基礎代謝が低いので太りやすいのも特徴。

食事制限だけのダイエットをすると、代謝に必要な筋肉や栄養が不足しリバウンドに悩む事になります。

太るたびに脚だけでなく体型も崩れて行くので、ダイエットのやり方には要注意!

1.筋肉量を増やす

2.ポンプ機能を働かせ血流を改善する

3.代謝を良くする

この3つを外さないようにするのがポイントです。

 

体のゆがみが余計な筋肉を付ける

体の真ん中に位置する「骨盤」

ヒールや猫背による骨盤の傾き、骨盤周辺の筋肉の衰えが脚全体を歪ませます。

そうすると、本来負担の掛からない場所に力が入ることに。

O脚になると、太ももの外側やふくらはぎの外側が張り出す理由もここにあります。

膝が内側を向けば、足の裏に掛かる体重も真ん中じゃ無くなります。

その結果、

動きにクセができ、余計な所に筋肉を付けます。

運動をしている人はとくに、綺麗に筋肉が付くように姿勢や走り方のフォームを見直す事が大切です。

 

脚を太くしないためには

hutoasi

体のパーツは連動していろんな働きをします。

脂肪太り・水太り・筋肉太りとタイプを分けても、脚が太くなった原因は1つだけではではありませんよね。

脚を細くしたいと思った時、まずやることは日頃のクセに気付く事!

食生活だったら、

食事より間食がメインになっている

夕飯の時間が遅い

ジュースで水分補給している

ついつい食べ過ぎる

など、

栄養不足でも、カロリーオーバーでも脂肪を溜め込む原因になります。

運動だったら、

きちんと筋肉を引き締めるために、姿勢と歩き方のクセを見直す事!

太ももやふくらはぎを細くしたいのに、余計に筋肉が付いたら悲しいです。

筋肉の使い方が変われば、脚のラインも変わります。

立っている時、座っている時、歩いている時の自分の姿勢をぜひ意識してみて!

 

 

最後にもうひとつ。

これは、脚を太くしない大切な習慣です。

「むくみ」と「疲れ」は、その日のうちにケアすること。

日常生活の中で最も使われる脚は、疲れやすい場所でもあります。

「夕方の脚のむくみ」「筋肉疲労」

両方とも毎日放置し続ければ、脚が太くなる一方。

激しい運動より、マッサージとストレッチの方が効果的です。

しっかりケアしてあげて下さいね。