下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

冷え性で下半身太りになるタイプとは

「冷え性」と「下半身太り」には深~い関係があります。

でも、

冷え性の人がみんな下半身太りか?

といえば、そうでもなくて「痩せ型で冷え性」の正反対の人もいます。

冷え性で下半身太りが悩みの人にとって、冷え性なのに痩せている人がいるのは

「なんで?」

と疑問に思いますよね。

ここでは、

「冷え性」と「下半身太り」の関係についてご紹介!

まずは、

冷え性のタイプについてご説明していきますね。

 

冷え性のタイプ

hie-130

冷え性のタイプは、体質的なものと、生活習慣で違ってきます。

その特徴をあげて見ると、

 冷え性で下半身太りが気になるタイプの特徴 

運動不足

リバウンドを繰り返している

甘いもの・カロリーの高いものをよく食べる

むくみやすい

 

 冷え性で痩せ型タイプの特徴 

 体力が無い

 脂肪・筋肉が少なく保温性がない

 胃下垂や胃腸が弱く太れない体質

 運動不足

といった感じ。

運動不足はどちらにも当てはまりますが、

エネルギーを脂肪として溜め込んでしまうのか

エネルギーが足りないのか

の違いが大きいです。

 

冷え性 → 下半身太りになる理由

kahansin130

冷え性は血液の循環を悪くします。

そうすると、

脂肪が燃焼されにくい

汗や尿で余計な水分を出す水分代謝が悪くなる

代謝に必要な酵素の働きが悪くなる

代謝にも悪い影響が・・・。

代謝が悪い上に、脂質・糖質の多い食べ物を食べ、エネルギーが消費されなければ太るのは当然ですよね。

下半身は「子宮を守る」「冷えを防ぐ」といった理由から脂肪細胞が多く、脂肪を下半身に積極的に溜め込む構造になっています。

下半身太りを防ぐには、脂肪になりやすい甘いものやこってりしたものを控えながら、血流を良くすることが基本と言えそうです。

 

女性は体質が変わることも

女性の場合、出産や加齢などで体質が変わる事があります。

「若いときはガリガリだったのに、出産したら全然やせなくなった」

なんてことはよくある事です。

冷えも同じ。

「筋肉量の変化」

「環境の変化」

「ホルモンバランスの変化」

などの影響は大きいです。

冷えが酷くなったり、軽くなったり。

今が悪い状態なら、良いサイクルを生み出す生活習慣へと変えていきましょう♪