下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

エステで脱毛しても消えない毛穴のブツブツとケア方法

hikari

ムダ毛の自己処理で汚くなってしまった脚・・・。

エステで脱毛すればスベスベになれると思ったのに、いつまでたっても消えない毛穴のブツブツ。

お店の人に「時間が経てばキレイになりますよ~」なんて言われても、脚を出す季節なのにそんなには待っていられません。

エステ脱毛に変えてスベスベになる人がたくさんいるのに、どうしてなんでしょうか・・・。

ここでは、消えないブツブツの原因とケア方法についてご紹介します。

 

毛穴のブツブツが無くならない原因

エステでの脱毛は、黒い色素に反応させムダ毛を減らす光脱毛です。

自己処理にくらべれば、肌への負担をかなり減らせることができ、肌の新陳代謝を活発にする作用も期待できます。

実際、エステで脱毛したら、毛穴がキレイになったという人も多いです。

しかし、中には毛穴のブツブツが消えないばかりか、よけいに目立ってしまう場合もあります。

光脱毛の原理は、黒い紙に虫眼鏡で太陽光を集めると燃えるのと同じです。

ムダ毛にレーザー光線を照射し、毛根にダメージを与える仕組み。

レーザー光線を肌に当てるのだから、熱を感じます。

熱の感じ方は人それぞれで、同じ出力で脱毛しても痛みを強く感じる人と全然感じない人がいますよね。

それは、肌に与えるダメージにもいえること。

敏感肌の人や乾燥がひどい人ほど、毛穴へのダメージが大きくなってしまいます。

 

migibou

光線過敏症の人は要注意

日光に当たると肌に痒みが出たり、湿疹が出てしまうことがありませんか?

光線過敏症と診断され、薬を飲んでいる場合、エステでの脱毛を断られる場合があります。

光線過敏症は、日光に含まれる紫外線で起こるアレルギーですが、レーザー光線で反応が出てしまうこともあるようです。

また、光線過敏症ではなくても、服用している薬に光線過敏症になりやすい成分が含まれている場合もあるので注意が必要です。

皮膚が敏感な人や薬を飲んでいる人は、トラブルを避けるためにも、あらかじめ申告しておくことが大切です。

 

毛穴のブツブツ解消には脱毛後のケアが大切

エステでの脱毛は、脱毛回数や毛穴への負担を考えると、自己処理にくらべて肌を痛めてしまうリスクはグッと下がります。

ですが、刺激がまったく無いわけではありませんよね。

脱毛直後に日焼けしてしまったり、温泉やプールなどに行き、雑菌が侵入しやすい環境を作ってしまうと毛穴が炎症を起こしやすくなります。

ブツブツの主な原因は、炎症と乾燥です。

乾燥で肌のキメが乱れてしまえば、毛穴が緩み大きくなります。

また、肌のバリア機能が弱れば雑菌が侵入しやすくなってしまうため、毎日のケアがとても重要になります。

とくに脱毛後、2~3日は念入りな肌ケアをするのがおすすめ!

その時に、脚のブツブツケア専用の製品を使えば、効果的なケアをすることができます。

たとえば、こんなの。

sutoremi1

ストレミライン

 レビューを見れば分かると思いますが、スベスベ脚を手に入れた人がたくさんいます!

目的に合ったケア製品を使い、美脚を作っていきましょう♪