下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

寝不足は美脚の敵!むくみ・痩せない原因とは

「脚のむくみ」に「下半身太り」

改善されるどころか、ひどくなっているという方。

睡眠時間はきちんと取れていますか?

いくら運動をしても、食事に気を付けても寝不足ではダメ!

寝不足は、太りやすい体質の女性には最悪の悪習慣です。

「なぜ脚がむくむのか?」

「痩せないのか?」

寝不足が及ぼす影響についてご説明。

 

寝不足と脚のむくみの関係

飲み会や残業で家に帰るのが深夜

夜遅くまで勉強

パソコン・スマホの見すぎ

赤ちゃんのお世話

心配事で眠れない

など、寝不足の理由はいろいろあります。

深夜になっても横にならずにいる場合、脚が下を向いている時間が長くなりますよね。

そのぶん血流やリンパの流れも悪くなり、「水分」や「老廃物」が脚にたまっていきます。

また、寝る時間が短ければ、体のダメージを十分回復出来ません。

疲労物質が蓄積され、それをスムーズに排出できずに体内の水分量を増やすことになります。

横になっても眠れなかった時、むくみが気になるのはそのためです。

そして、

たまにの寝不足なら回復も早いですが、寝不足が続くとむくみだけでなく脂肪まで付きやすくなる

「負の連鎖」

が始まります。

 

寝不足は太る

 食欲増進ホルモンの分泌が増え、食欲が増す。

 睡眠中に分泌される成長ホルモンの減少で筋肉量が減り代謝が悪くなる

 血中のインスリンの働きが低下し、糖が脂肪に変換されやすくなる

 運動しても脂肪燃焼率が悪い

 交感神経優位が続きイライラで過食、便秘太りになる

寝不足で太る原因は、こんなにたくさんあるんです。

毎日眠くてあきらかに寝不足の人は、痩せない原因はそこにありそう。

しかも、下半身が全然痩せない!

なんてパターンにも。

それなら何時間寝れば寝不足にならないか?

睡眠時間についてご紹介します。

 

理想の睡眠時間

yubisensei100

日本人の平均睡眠時間は7時間。

一番、肥満度の確率が低い睡眠時間は、7時間~8時間と言われています。

様々な機関でおこなわれている「肥満と睡眠」に関する調査では、どれも睡眠時間が短くなるほど肥満率が高くなるという結果が出ており、

なかでも、

4時間以下の睡眠の場合、肥満率が7時間寝ている人に比べ73%もアップするという研究結果も。

でも、睡眠は時間だけでなく「質」も大切。

お風呂にゆっくり入ったり、寝る前はスマホやゲームをやらないなど、ぐっすり眠れる環境作りも大切です。

最低でも7時間、ぐっすり眠れる時間を作ってみて下さい。