下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

今すぐ改善!脚が太くなる座り方

「脚が太くなる座り方」

そう考えた時、真っ先に浮かぶのが 正座 では?

ひざから下が圧迫されるし、血流も悪くなりそう・・・。

だからといって、椅子に座ると脚が細くなるというわけでもありません。

「床に座る生活」

「椅子に座る生活」

どちらも間違った座り方を繰り返していれば、脚が太くなる可能性は大!

その鍵を握るのが、骨盤の位置。

「食事の時」

「部屋でくつろぐ時」

「勉強や仕事をする時」

座るのは毎日のこと。

小さいうちからの積み重ねも影響しています。

「脚が太いのは座り方のせい?」

と思ったら、自分の座り方をチェックしてみるのが大切!

ここでは、

あなたの脚を太くするダメな座り方をご紹介していきます。

 

床に座る場合の脚を太くする座り方

 間違った正座 

正しい正座は、背骨が理想的なS字になり骨盤の位置が安定します。

足の親指をくっつけ、ハの字にならないよう踵もくっつけるイメージです。

その反面、間違った正座はO脚の原因に。

お尻の下になっている足首が、こんなラインになっていたら要注意!

踵が開き、膝から下がハの字になった状態は、「痺れやすい」・「O脚になる」・「正座ダコが出来やすい」と、悪い方に作用します。

 

 ぺたんこ座り 

脚がWの形になるペタンコ座りは、股関節が内側にねじれた状態になります。

膝が外側を向いているO脚の人には苦しい座り方なので、O脚改善に良いとも言われますが、

習慣にするのではなくあくまでストレッチとして行いましょう。

股関節が柔らかいと、この座り方は楽ですがお尻が広がり太ももが太くなります。

 

 横座り 

正座はシビれるから、横座りになってしまう女性が多いのでは?

横すわりは太ももの内側の筋肉(内転筋)を弱め股関節を歪めます。

内転筋が弱ると太ももが太くなるし、O脚の原因にも。

骨盤が傾いた状態が続くので、長時間・片方だけに偏らないようにしましょう。

 

 体育座り 

体育の時間の定番の座り方。

大人になってからは落ちこんだ時、思わずやってしまいたくなる座り方です。

骨盤が後ろに倒れている状態で猫背になる体育座りは、骨盤に負担を掛けます。

骨盤が開き、血流が悪くなるので長時間はやめましょう。

 

椅子に座る場合の脚を太くする座り方

 背もたれに寄り掛かる 

この座り方も体育すわり同様、骨盤が倒れている状態になります。

猫背になりやすく、背もたれに寄り掛かっているぶん腹筋を弱らせるので、

お尻~太ももが太くなります。

 

 脚を組む 

デスクワークが多くなると、ついつい脚を組んでしまいたくなりますが、

いつも同じ側の脚を組んでいると、骨盤だけでなく体全体を歪めます。

血流が悪くなり、冷え・むくみを引き起こします。

 

 脚を開いて座る 

内太ももの筋肉(内転筋)が弱り、太ももが太くなります。

内転筋の衰えは、内太ももの隙間を無くします。

電車に乗っているおばちゃんの脚が開いているのは、内転筋がおとろえ脂肪がついてしまったから。

骨盤が開き、下半身に脂肪が付きやすくなるのでご注意を。

 

骨盤・脚に悪い座り方は、肌の黒ずみも増える

間違った座り方をしていると、脚が太くなるだけでなく脚の肌も汚くなります。

なぜかというと、床や椅子との摩擦が大きくなり黒ずみの原因になるから。

「ぺたんこ座り」・「横座り」は、くるぶしの黒ずみが酷くなりますし、

「体育座り」や「椅子の背もたれに寄り掛かる座り方」は、お尻に圧力がかかり黒ずみます。

その対策はどうしたら良いかと言うと、

座る時は、

座布団やクッションを使うこと!

骨盤への負担が軽くなり、床・椅子との摩擦も防げます。

皮膚は摩擦があるほど、角質が厚くなり黒ずみます。

さらに、間違った座り方で脚の血流が悪くなれば、皮膚の新陳代謝も悪くなりますからね。

悪い面での毎日の積み重ねは怖いです。

脚が太くなり、肌が黒ずむだけでなく、

「腰痛になった」

「セルライトが出来ていた」

など、

気付いた時には遅いパターンが多いです。

あとからなんて思わないで、気付いた時にはすぐ直すようにしましょう。

それが脚を細くする秘訣です!

 

osusumekiji1-200

osusume85

座り方や姿勢が気になったら、こちらの記事も合わせてどうぞ。

 猫背改善は骨盤から!傾き矯正でポッコリも解消!▶

 くるぶしの黒ずみ・座りダコを治して素足美人に▶