下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

理想の体脂肪率と脚痩せ

細すぎず、太すぎず、理想と言える美脚になるための体脂肪率は23%前後。

体脂肪率が高いと脂肪が多いことになるので、それなりに脚も太くなります。

脚痩せするなら自分の体脂肪率がどれくらいかを知るのは、目安になるのでとても大切!

でも中には、

太って見えなくても

「体脂肪率が高い隠れ肥満の人」

「スポーツをやっていてがっちりして見えるのに体脂肪率は低い人」

といったタイプもありますが、だいたいの目安をご紹介していきますね。

 

女性の一般的な体脂肪率は

20%~29%の間は標準

30%を超えると軽度肥満

35%を超えると中度肥満

 

見た目の目安となる体脂肪率は

モデル並みの細さだと20%以下

少し細めで健康的に見えるのが20%~25%

太ってはいないけど、肉づきが良く見えるのが25%~30%

 

ここでちょっと気を付けることが一つ!

体脂肪率が17%以下になると、生理が止まる恐れがあります。

脂肪は、女性にとって大切な「女性ホルモン」の材料にもなりますので減らし過ぎにはご注意を!

 

体脂肪率30%以上の脚痩せにはダイエットが必要

肥満の域に入ってしまう「体脂肪率30%以上」になると、全体的に肉づきが良く見えます。

セルライトの元になる皮下脂肪がたくさんあるということ。

その場合、

脚だけとはいわず、全体的なダイエットが効果的です。

だけど、食事制限だけのダイエットは厳禁!

筋肉量が減ると、怖い「リバウンド」が待っています。

「リバウンド」がなぜ怖いのかというと・・・

筋肉量が減って代謝が落ちた後のリバウンドは、下半身に脂肪が付く

「下半身太り」&「セルライト」

で後戻り出来なくなるから。

ダイエットは、食事を減らすだけでなく

面倒だと思っても、運動とマッサージを同時に行っていくことが大切です。

 

体脂肪率の測り方

体脂肪率を測った時、数値のバラつきが気になりませんか?

「朝起きて測ったら、昨日の夜より増えている?」

「体重は増えたのに、体脂肪率は下がっている?」

といった現象です。

そこで、

体脂肪率を測る時のちょっとしたコツをご紹介。

家庭用の体脂肪計は、体に流れる電気の量で体脂肪率を測定しています。

そのため、

「むくんでいる時」や「お風呂上り」など、体内に水分が多い時は体脂肪率は下がります。

一日の中でも、時間とタイミングでばらつきが出るので、毎日同じ時間に測るのがおすすめです。

また、

今は1万円以下で、部位別に測定できる体組成計もいろいろ出ています。

ちなみに、

体脂肪率ではなくて、皮下脂肪率を測定出来るのがおすすめ!

脚に付いているのは皮下脂肪だから、大きな目安になります。

 

たとえば、こんな感じの高性能な体組成計

オムロン 公式 体重体組成計 体重計 HBF-701 両手両足測定 送料無料

 

脚は以外に脂肪の多いパーツです。

体幹は20%代なのに、脚は30%越えなんて事も。

やはり、女性は下半身に脂肪が付きやすい人が多いようです。

体重よりも、脂肪のチェックが大切かもしれません。

 

osusumekiji1-200

体脂肪率が気になる人はこちらもどうぞ♪

脚の脂肪を落とすには!今すぐやめたい悪習慣▶