下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

脚やせしないウオーキングを改善する方法

uo-kingu

脚やせのために、手っ取り早く始められる「ウオーキング」

歩いた分エネルギーは消費されるので、ダイエットにはなりますが、脚やせとなると話は別!

正しく歩かないと効果が出ないばかりか、よけいな所が鍛えられてしまいます。

ここでは、脚やせ出来ないウオーキングを改善する方法をご紹介!

まずチェックしたいのが、普段履いている靴のかかと。

かかとの減り方で、足の使い方が分かります。

どんな減り方をしているかチェックしていきましょう。

 

靴のかかとの減り方で分かる脚痩せ出来ない歩き方

migibou

 かかとの外側がすり減る 

足の外側重心の歩き方が、かかとの外側をすり減らします。

外側重心で歩けば歩くほど、ふくらはぎと太ももの外側が鍛えられます。

特に目立つようになるのが、太ももの横張り。

下半身太りの人に多い歩き方です。

 

 かかとの後ろ側がすり減る 

筋肉を使えていないタイプです。

足がきちんと上がらず、地面にかかとを擦るような歩き方になります。

靴の減りが早いのが特徴です。

原因は、ダイエットや運動不足での、太ももの筋肉の衰えや、腹筋の弱さからの猫背。

疲れやすいので、ダラダラ歩きになりがちです。

 

 かかとの内側がすり減る 

足の内側が重心になる「内股歩き」・「X脚」だと、かかとの内側がすり減ります。

足の小指あたりに体重が掛かり

足首~ふくらはぎの外側の筋肉が使われるので、歩くほどメリハリの無い脚になります。

足首が太くなり、ふくらはぎが張り出します。

 

 つま先がすり減る 

高いヒールを履く人ほど、つま先重心になりがちです。

つま先重心は、ふくらはぎを鍛えます。(ヒラメ筋の横張り)

ウオーキングでスニーカーを履く時は、かかとからしっかり着地するように意識しましょう。

また、ひざを曲げて歩くクセも付きやすく、その場合、太ももが鍛えられガッチリしてきます。

 

次は、正しくスッキリ・すらっとな脚になる歩き方についてご紹介!

 

ウオーキングを効果的にする歩き方のポイント

1.体の中心線を意識してまっすぐ立つ

2.背筋を伸ばす

3.かかとから着地、つま先で地面を蹴り上げる

4.膝はあまり曲げないようにする

足をきちんと上げ、骨盤まっすぐを意識しながら歩くのがポイントです。

 

歩き方一つで脚が変わる

正しい歩き方を意識すると、今までと違う筋肉が使われているのに気付けます。

とくに、

「下腹」「太もも」「ふくらはぎ」

この3ヶ所。

これが実感できると、ウオーキングが効果的なものに変わります。

今まで鍛えなくていい筋肉を鍛えてしまっていたと思うと、損した気分にもなりますが、これは早く知った人が勝ち!

悪い例として、

5年間、脚やせどころか「体脂肪率」も「体重」も、全然変わらないウオーキングをしていた事があります。

毎朝1時間、約5000歩。

成果が出なかった理由を分析すると、

歩き方が正しく無かった(かかとの外側がやたらと減っていました)

歩く速度が遅かった

ウオーキング仲間と喋りながら歩く事が多かった

ウオーキングじゃなくて散歩でした。

やっぱりキレイになるためには、孤独に頑張らないと効果が出ないみたい。

タイミング的に一人で歩く事が多くなったので、正しい歩き方を意識しながら、歩幅とスピードをアップしたら引き締まり感が全然違う!

とくに効果を実感出来たのが、「お尻と太ももの境目」と「ふくらはぎ」と「下腹」

日中のむくみも違いました。

同じ時間を使うなら、結果の出るやり方が断然おすすめです。

ウオーキングをやっている人は、自分の歩き方をぜひチェックしてみて下さい。