下半身太りを解消し美脚を目指したい方に!

栄養不足で痩せない3つの食事パターン

ダイエットしてるのに全然痩せない!

「そんなに食べてないのに」

「運動だってしてるのに」

そのうえ、ちょっと油断するとすぐ太る。

そんな時に疑いたいのが

「 栄養不足 」

摂取カロリーを減らそうと食べる物を減らしていくうちに、自分の好きなものを優先で食べるパターンになっていませんか?

これってすごく栄養が偏るんです。

最初は簡単に体重が減るのですが、そのうちにどんなに頑張っても現状維持が精一杯。

しかも、体は栄養を吸収したいので、ちょっと食べ過ぎただけで太りやすい体に・・・。

そこで、

ダイエットにありがちな、栄養不足になる食事パターンを3つあげてみました。

痩せる意気込みはあるのに、ちょっとした思い違いで負のスパイラルへと足を踏み込みます。

食べることが怖くなる前に、ぜひチェックしてみて。

 

1. 罪悪感のない生野菜と果物ばかり食べている

saradayasenai

カロリーは少ないし、食物繊維もビタミン・ミネラルも豊富な野菜と果物。

美容にもダイエットにも良いのは、誰でも知るところです。

でも、野菜と果物だけでは足りなくなるのが「タンパク質」

血液や筋肉・皮膚・内臓・ホルモンなど、身体の大部分を作る大切な栄養素です。

タンパク質が不足すると、どうなるかというと

筋肉量が減る

貧血になりやすい

代謝が悪くなる

痩せない理由が揃います。

ナッツや大豆食品にもタンパク質は含まれますが、植物性のものでタンパク質を摂ろうとするとアミノ酸バランスが悪くなります。

タンパク質は多数のアミノ酸が結合した化合物。

アミノ酸バランスの良い、肉・魚介・卵・乳製品を取り入れながらのダイエットがおすすめです。

 

2. 気づいたら食事よりお菓子の方が多かった

「お菓子食べちゃったし、ご飯は少しでいいや」

「お腹空いてないし・・・」

これがエスカレートして行くと、食事とお菓子がごっちゃになります。

菓子パンやケーキ・ドーナツもそう。

お腹も心も満たされるけど、摂っているのは油と砂糖。

減らしたい脂肪の原料を補給している事になります。

カロリーも結構あるし、その分食事を減らせばカロリー的には安心しますが、「ビタミン」・「ミネラル」・「タンパク質」3大栄養素のすべてが足りないはず。

また、甘いもので急激に血糖値を上げるような食べ方は、肥満ホルモン「インスリン」を大量分泌させ体脂肪を増やします。

痩せない他にも、自律神経の乱れ・むくみ・冷え・機能性低血糖症などなど・・・病気にもつながる恐い事です。

お菓子優先の食生活は最初は良いですが、後々病的に太ってしまう恐れがあるので危険です。

 

3. 痩せたいから食べない。極端な食事制限

syousyoku1

ダイエットの繰り返しで、はまっていくのがこれ。

「カロリーを減らすほど痩せる」

そう信じていたのに痩せない・・・。

まさに停滞です。

食べれば太るからと量を減らしていき、食べる量が減っていくパターン。

たとえば、

1日3食、食べてるけど量が少ない

 好きなものを好きな時に少しだけ食べる

外食の前後、食事を抜いてカロリーを調整している

こんな食生活。

エネルギーが足りないと真っ先に使われるのは筋肉です。

筋肉が減り、食べた分が脂肪になれば、代謝は落ちる一方。

トータルでは同じカロリーでも、空腹時に食べた分は一気に吸収されていくので、体重の割に体脂肪が多くなり痩せにくくなります。

 

すぐに結果を出そうとしない。気長にきちんと食べていく

wa2

年齢への危機感から、私もカロリー重視の食生活を変えた一人です。

正直、食生活を変えたからと言って、期待するほどすぐに痩せ体質にはなりませんでした。

でも、体のため。

甘いもの・お菓子をやめ、小麦を控え、そのぶん食事を充実させました。

ご参考までに、体の変化の流れをご紹介すると、

体が変わって来たのを感じたのは、始めて1~2月後ぐらい。

生理が軽くなった

体力が付いて運動が楽になった

浮腫みにくくなった

お腹が空いてもクラクラ・イライラしなくなった

そんな感じで日々過ぎていき、ちょっと食べ過ぎてもちゃんと体重が戻るようになったのはそれから。

そして、

「体重は変わらないけど体脂肪が減ってきた?」

と、やっと数字で結果が見えてきたのがその後です。

そうなると、運動のやる気も違ってきます。

飢餓状態だった細胞が生まれ変わるのには何ヶ月もかかるようです。

結果はすぐ出ませんが、気長にかまえて細かい体の変化を感じていくのが、続けるコツと言えそうです。